会社経営のこと
社会・未来について

寄稿:テレワーク環境での生産性アップの仕事術

JIA(日本建築家協会)の会報誌Bulletinに寄稿いたしました。
「新型コロナが変えた仕事のスタイル」として3回の連載の機会をいただき、夏号での第1回目のテーマは、
「テレワーク環境での生産性アップの仕事術」

スタジオネオがテレワークを継続して丸2年。
社員も働きやすく、会社の業績も上がる、そんな取り組みの様子をご紹介しています。

ちょうど今日は、NTTが勤務地は原則自宅とし、居住地も自由、出社をする場合は出張扱いにするというニュースがありました。

スタジオネオの社員も地方への移住を計画したり、実行したりしています。

テレワークを経験したからこそ、直接顔を合わせて仕事をすることの重要性も実感しています。でもそれは毎日である必要はないということもわかりました。

感染対策のためでなく、働く側にとっても、会社にとってもメリットのある新しい働き方へシフトチェンジしていく流れにあることを感じます。

※Bullletinの記事は、1ヶ月後の7/15にJIA関東甲信越支部のサイトで公開され閲覧可能になります。

 

関連記事