デザインの話

三菱一号館美術館〜上野リチ展〜

新緑の美しいGW、三菱一号館美術館で開催されている上野リチ展を鑑賞してきました。
有機的でフラットなパターンはとても軽やかで美しく、今もなお新しさを感じるデザインの数々。1893年ウィーンで生まれ育った上野リチ・リックスは、ウィーン工芸学校でテキスタイルデザインを手掛け、建築家の上の伊三郎と出会い日本とウィーン2つの都市で活躍をつづけたデザイナーです。

テキスタイルや壁紙のパターンのほか、宝石箱やプロダクトに描かれた世界は、初期の作品から晩年に至るまで一貫したデザインスタイルを感じました。鳥や魚、花や樹木といった身近な自然を組み合わせたデザインが多くありますが、その画面構成の美しさと緻密な繊細さを兼ね合わせていて、見る側をその世界に引き込んでいくものでした。
削ぎ落とした末の美しさと、必然性のある密度が、今もなお新鮮なおしゃれさを作り出しています。

そして晩年に夫の建築家 上野伊三郎と作り上げた日生劇場のレストランの壁画の空間は、日本的なものと西洋的なのもが融合した傑作だと思いました。

自らの創作だけにとどまらず、子どものいないリチが若手のデザイン教育に尽力し、晩年は夫伊三郎とともにインターナショナルデザイン研究所を設立し、社会や未来への想いを託したこの女性の人生に、指針をもらった気がします。

展覧会情報(三菱一号館美術館)

 

関連記事